8つの木のチカラ

木は多様なチカラをもっています。
ここでは、「8つのチカラ」をピックアップしました。
この8つのチカラは、100個の「木のプロダクト」ページと対応しています。
木は、私たちの生活にさまざまなベネフィットを提供してくれます。
みなさんが、暮らしに取り入れたいチカラをクリックしてみてください!
そして、その先にあらわれたプロダクトといっしょの暮らしを送れば、
きっと木のよさを自然に体感することができますよ。

心を健やかにするチカラ

kokoro

落ち着いた空間が、心をほぐす。

1.やわらかい光

tagu_001
木は紫外線を吸収し、温かみのある赤外線を反射する性質がある。また、自然の木目が見える部屋は落ち着けるというデータも。床や壁、家具などに木を使うことで、リラックスした心地よい空間ができる。

2.音をやわらかに

tagu_002
木には適度に音を吸収し、美しく響かせる性能があり、衝撃音などの耳触りな音を和らげてくれる。内装に木を使うことで、落ち着きのある環境をつくることができる。

体を健康にするチカラ

karada

木の呼吸が、室内環境を整える。

3.空気を心地よく

tagu_003
木は無数に空いた細かな孔で、空気中の湿度を調整することで、カビやダニの発生を抑制してくれる。さらに有害化学物質等も吸着・分解するので、木は天然のエアコンのような役割を果たしてくれる。

4.体になじむ

tagu_004
木は細胞内に多くの空気を含むため、体温が奪われにくく、温もりが続く。また、木のパイプ状の細胞が柔軟に変形するため、クッションのように衝撃を吸収してくれる。そのため、床などを木にすることで、身体に負荷がかかりにくく、疲労しにくい。

子どもを育むチカラ

kodomo

豊かな五感や情緒を育てる。

5.子どものチカラを引き出す

tagu_005
ハイハイや寝転がるなど、子どもは床に触れる機会が多い。やわらかく温かみの肌触りや香り・音など、五感が敏感な幼い頃から触れさせたい。赤ちゃんが木の香りを嗅ぐと心が落ち着いたり、木の学習机が子どもの集中力を高めるというデータも。

6.安心・安全な空間づくり

tagu_006
木が持つ調湿機能や抗菌機能はダニやカビの発生を防ぎ、シックハウスや小児喘息などのアレルギーの原因を抑えてくれるなど、子どもの安全・安全を支えてくれる。舐めたり転んだり、ということにも安心感がある木は、子育て環境に最適。

エコなチカラ

eco

長持ちさせ、再生産できる素材。

7.経年変化を楽しめる

tagu_007
木は使い込まれて年月を重ねることで味わいが出てくるので、「木の家」は経年変化を楽しめる。また、傷やヘコミも、水を含ませて手入れすれば傷みが和らぎ、表面を削れば新品同様に蘇らせられる。

8.地域と地球にやさしい

tagu_008
木を使うことで、森の健全な循環のサイクルを取り戻し、森林も農山村地域も元気にします。さらに、CO₂を貯蔵している木材をふんだんに使った木の家は、「第2の森」とも呼べる。