日本の森の今

暮らしに木を取り入れてみませんか?

28144019934-1

今、日本の森は、「育てる」から「使う」へとシフトしているところ。戦後に植えられたスギやヒノキの人工林は、使うのにちょうどいい時期にきています。森林サイクルは、植えて、育てるというだけでは循環しないもの。植えて、育てて、収穫(伐採)し、使う。この輪がつながることで、健康な森が未来へ続いていくのです。こうした森林資源を利用することは、森林や生態系など自然環境の保全に加えて、林業や地域の活性化にもつながっていきます。

森林資源の利用——身近なところなら、国産材の家具や小物を取り入れることで、すぐに“木づかい”のある暮らしが実現できます。「木のチカラ、木の暮らし。」では、月刊ソトコトがセレクトした、あなたの暮らしに気軽に取り入れられ、毎日の暮らしを豊かにする木のプロダクトを、ご紹介します。

「不健康」な森を、「健康」な森へ。

morinoima

左側のイラストは「不健康な森」です。活用されていないので、地域の力も弱くなっていきます。人の手が入らない森は、暗く、混み合って木も痩せたままとなり、CO₂の吸収能力も低下していきます。間伐しても、それが使われず放置されては下草も生えず、健康な森といえません。

しかし、右側のイラストのように「健康な森」なら、人が関わるのでそこに雇用も生まれ、森林資源だけでなく、人の力も蓄積されていきます。植えて、木の生長に合わせて下刈り、間伐などの手入れをし、適切な時期に伐採し、活用して、また植える。この循環が、次世代まで続く豊かな森を造っていくのです。

木の家・木の暮らしスタイルブック

ck1411_木の家_表紙

月刊ソトコトは、もっと多くの人たちに日本の木を使ってほしくて、“ロハス的な視点”から、「木の家・木の暮らし、ナチュラルなライフスタイルっていいよね」と思ってもらえるような小冊子チビコト「木の家・木の暮らしライフスタイルブック」を作成しました。

日本は森の国です。国土の約7割を森林が占め、昔から木にまつわる文化を育み、継承してきました。器や家具から、日本の木の文化を象徴する建築物まで、私たちは森と木の恩恵を受けてきたのです。しかもそれは遠くの森ではなく、日本の森から伐り出されたこの国の気候・風土のなかで育ってきた木によって。

この大地が育んだ木を材料に使い、この場所に適した方法で家を建てることは、私たちにとってごく自然なこと。同じ土地に生まれ育った私たちのカラダにとって快適であり、ものづくりにおいても環境負荷は小さい。日本の木を使うのはスマートであり、なにより楽しいことだと、私たちソトコトは思います。

この小冊子チビコト「木の家・木の暮らしスタイルブック」では、そんな木のチカラと日本の木の家の魅力を紹介しています。PDF形式でダウンロードできますので、ぜひご覧になってください!

チビコト「木の家・木の暮らしスタイルブック」をダウンロードする(45.3MB)

8つの木のチカラ

「木の家・木の暮らしスタイルブック」では、木が私たちの暮らしにもたらしてくれる様々なベネフィットを「木のチカラ」として、8つ紹介しています。

それは、「やわらかい光」、「音をやわらかに」、「空気を心地よく」、「体になじむ」、「子どものチカラを引き出す」、「安心・安全な空間づくり」、「経年変化を楽しめる」、「地域と地球に優しい」です。

このデータベースサイト「木のチカラ、木の暮らし。」でも、この8つの木のチカラから100個のプロダクトを検索できるようになっています。あなたが、暮らしに取り入れたい「木のチカラ」を下記リンク先のページからクリックしてみてください。きっとその先には、「木の暮らしっていいよね」ってシェアしたくなる日本の木のアイテムがあるはずなので。

「8つの木のチカラ」へ